犬をお風呂に入れる

シャンプー嫌いな犬は少なくはありません。浴室は普段あまり行かない場所なので犬にとっては不安です。イヤだなーとか不安だなーとか恐怖でいっぱい!
家でのシャンプーが上手にできないとシャンプーは不快なものと理解してしまいます。顔に水がかかってしまうとかシャワーの音が大きいとか水圧が強すぎるとかそんな点に注意しましょう。

おもちゃやおやつで楽しいお風呂にしよう

犬は、体が濡れるのを嫌がる場合が多いので、子犬のうちからシャワーに慣れさせておくことが大事。浴室を嫌がる場合には、浴室で遊んだりおやつを使って「おすわり」「ふせ」などのトレーングをしたりしましょう。楽しいうちにやめるのがポイント。床が滑るのを怖がる犬も多いので、シャンプーのときも滑り止めなどを敷いて。慣れてきたら、シャワーを少しずつ流して音に慣らしていきます。お湯の温度はぬるめに設定。後ろ足からおしり、背中、首という順番に少しずつ濡らしましょう。

また浴室はなれたけどどうしても体が濡れるのが嫌!とうい場合は水遊びで濡れることになれさせましょう。
犬は暑さが苦手なので水遊びが気持ちいいと感じる夏に子供用のビニールプールや大きめのオケに水を入れ庭やベランダで水遊びをさせましょう。

いくら夏でも冷たい水をかけないように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です