犬と仲直りする3つの方法

人間なら、たとえ信頼を失うようなことをしても「もうしないから許して」とお願いすることができます。しかし、相手が犬ではそれができません。

たとえば、体罰を与えてしまい、恐怖で噛みつくようになってしまった犬との関係は、体罰をやめたくらいではすぐにもとどおりにはなりません。そこで、「なんでまだ怖がるの?」と犬を責めずに、相手が怖がらなくなるのを待ちましょう。

犬はすぐには忘れてはくれない

犬を怖がらせることをしておきながらすぐ仲直りしたいというのは、難しい話です。いちど受けたいやな経験をなかなか忘れない犬もいます。関係が修裡されるまでは、デリケートな対応が必須になるでしょう。
それだけのことをしてしまったのだと反省し、待つしかありません。
少しずつ悩れてくれるように、おだやかな気持ちで待ちましょう。

気質の影響は大きい

生まれつきの気質によって、許してくれるまでの期間に差があるようで優良なブリーダーから迎えた犬たちは、気質が比較的安定していて、多少のことでは怒ったり恐怖を感じたりしないことが多いようです。

反対に、生まれた環境が悪かった子は、胎児のころの母体にかかったストレスの影響急耐性が弱く神経質になる傾向が強いそうで戎気質の違いは、その後の飼い主さんとの関係に、大きく影響するみたいです。

こちらからは触らない

トラウマはなかなか消えない

いくら仲直りをしたいからと、こちらから近寄ったり、なでようとしたりすると、逆効果になってしまうこともあるので要注意です。体罰をしたあとと、なでてくれるあとは、あいにく同じなのです。体罰によって大きなトラウマを抱えた犬は、やさしくなでようとしたつもりでも、怖がってしまうこともあります。

無理に声をかけたりさわったりせずに、犬が何を感じ、望んでいるのかを理解することが人切です。

ふれあいをがまんして噛まれないようにする

仲がよかった時期が忘れられない飼い主さんは、愛犬が噛むようになってからも、以前のつきあい方を取り返したいたいと思うことが多いようです。しかし、「怖い」という経験をしてしまった犬には、どこかに恐怖のスイッチがあり、それが入ってしまうと、さらに飼い主さんを怖がるようになります。恐怖のスイッチが何かわからないときは、ふれあいをいったんお休みして、関係を悪化させないようにするべきです。

平常心で付き合う

飼い主さん自身が安心できることが大切

どうやったら仲直りできたとわかりますか、と聞かれることがありますが、これは正確には答えられません。ただ言えるのは、飼い主さんが「もう大丈夫かな」と不安に思っているうちは、まだ早いということです。

飼い主さんに不安があると、それは犬にかわってしまいます。適度な距離感でつきあっていくうちに、気がついたらさわれるようになっていた、というのがしぜんな仲直りの仕方だと思います。

犬は飼い主さんの感情を敏感に感じ取る

犬のハウスはよくリビングに置かれますが、リビングはたくさんのドラマが起きる場所です。ときには夫姉で喧嘩したり、子どもを叱ったりすることも。
そういうとき、犬は飼い、毛さんの怒りを察知し、ストレスを感じてしまいます。それが原因で神経面になり、攻撃的になることも。
犬がいるところで行うのは避けて、できれば夫婦の寝室や、子ども部屋でお願いしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です